非常にまずい状況

機長です。

毎日午前零時を過ぎてもお仕事で、おうちに帰って3時まで見積や提案書やデータ作成の日々です。 昨夜は某問屋さんのホームページのための調査です。効果の予測と測定方法の提案書を作成するためにデータを集めていました目
午前8時には別のお客さんの基幹システムが走り始めたばかりなので動作確認です。たいして寝ないうちに出発です眠い(睡眠) でも、結局着いたのは午前9時になってしまいました。


今日は午後10時までお客様のところで作業です。断続的に打ち合わせが入るので作業も進みません。その合間にも電話がかかってきます。途中から電話に出るのはやめましたもうやだ〜(悲しい顔)

電子入札のシステムの注文が新規であったり、市場のホームページやWebの業務システムの準備があったり、待ってもらっているお客様もあってこれ以上はお断りしないといけない状態ですもうやだ〜(悲しい顔)


ひとつ終わると2つ3つ仕事が増えてきます。これは本当にまずい状況です。

何が悪いんだろうか? 思い当たるのは開発中の仕事のボリュームがろけっと開発 の規模と比較して大きいことです。1000万円を超える案件が、開発期間3ヶ月という過酷なスケジュールで午後8時まで朝食と昼食をとる間もないほどの異常な作業量です。

もうひとつは、新規案件がどんどん舞い込んできて嬉しいのですが回答を後回しにしてしまっていることです。断りにくいと思って後日の打ち合わせという日程を組んでしまいます。打ち合わせを行って見積・提案まで作成できても開発まで手が回りません。ずいぶん待たせてしまっているお客様がいますが、外注する先を見つけてお願いする段取りも出来ない状況です。


自社開発を進めてないといけないシステムもあります。メンバーが集まれずに後回しになっていることも問題です。目の前の仕事も重要ですが今のうちに先行しておかないといけない分野があります。

もう電車がなくなってしまいました。スイカの定期が役にたってないなあ。時間が経つのが早すぎます。(機長


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

BlogPeopleランキングへ

blogoo.gif

FC2 Blog Ranking

ブログランキング【くつろぐ】

※ ブログランキングに参加しています。気がむいたときにでもクリックお願いします。

社内のひとり言 | 2009-06-23 00:52 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前 : [必須]

メールアドレス :

ホームページURL :

コメント :