XHTMLのhead要素

今回は、ろけっと開発ホームページのhead要素を見てみましょう。
ちなみに、HTMLではタグと呼んでいたものを、XHTMLでは要素と呼びます。
1 <?xml version="1.0" encoding="EUC-JP"?>
2 <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
3 <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
4 <head>
5 <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP" />
6 <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
7 <meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
8 <meta name="author" content="Rocket-div.Co.Ltd" />
9 <meta name="description" content="ソフトウェアとウェブサイトの製作会社 株式会社ろけっと開発のホームページです。" />
10 <meta name="keywords" content="ソフトウェア,ウェブサイト,顧客管理ソフト" />
11 <link href="main.css" rel="stylesheet" type="text/css" media="all" />
12 <title>株式会社ろけっと開発</title>
13 </head>
1〜3は、前回の「XHTMLの宣言」で書いたので飛ばします。
4 head要素の開始。
5 MIMEタイプ(メディアタイプ/文書形式)と文字コードを明示。
あまり考えず、MIMEタイプは「text/html」、文字コードは「EUC-JP」にします。
ちなみにXHTML1.1の場合、MIMEタイプは「application/xhtml+xml」にするべし(しかもmetaに書いちゃダメ)とのことらしいですが、こーすると当然、旧いブラウザとかで見えなくなっちゃったりするので、みなさん釈然としないながらもこれを入れているようです。
【参考】 XHTML1.1 XHTML1.0とXHTML1.1の違い
【参考】 XHTML1.1のMIMEタイプ指定
6 スタイルシートに、CSS(text/css)を使用していることを明示。
7 スクリプト言語に、Javascript(text/javascript)を使用していることを明示。
XHTML1.1の場合は、http-equiv属性自体が非推奨なので、これらも.htaccessとかで指定して、HTTPヘッダに直接書くみたいです。
8 文書の著者名を記述。メールアドレスを書く人もいます。
9 文書の内容の説明(概要)を記述。googleの検索結果とかにも表示されます。
10 文書のキーワードを記述。複数の単語を半角カンマ区切で書いときます。
meta要素には他にも様々な機能をもったものがありますので、必要に応じて記述しましょう。
【参考】 HTML辞典 meta要素
【参考】 HTML/XHTML meta要素
11 外部スタイルシートの読み込み。
link要素は外部文書の読み込み以外にも、他文書との関連性を明示するために記述されたりします。
【参考】 HTML辞典 link要素
【参考】 HTML/XHTML link要素
12 文書のタイトルを明示。ブラウザのタイトルバーや、お気に入りとかに表示されます。
13 head要素の終了。
おしまい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

BlogPeopleランキングへ

blogoo.gif

FC2 Blog Ranking

ブログランキング【くつろぐ】

※ ブログランキングに参加しています。気がむいたときにでもクリックお願いします。

XHTML+CSS | 2009-01-14 13:48 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前 : [必須]

メールアドレス :

ホームページURL :

コメント :